東京の歯科インプラント > 骨を増やすインプラント治療 > 骨誘導再生法(GBR)

骨誘導再生法(GBR)

骨誘導再生法(GBR法)とは

骨誘導再生法(ガイデット・ボーン・リジェネレーション/GBR法)とは、何らかの理由で顎の骨が痩せてしまった場合に、顎の骨を作る方法の一つです。顎の骨が薄く、埋め入れたインプラントが部分的に見えてしまうことが考えられる場合に、メンブレンと呼ばれる人工膜でインプラントを覆い、骨の再生を促します。

ページトップへ戻る

骨誘導再生法(GBR法)の流れ、治療期間

骨量不足でインプラントが露出

本来、顎の骨の中に埋まっていなければならないインプラントの表面が出てしまうと、汚れが停滞して炎症が起こることや、噛み合う力に耐えられないことが考えられ、最悪の場合インプラントが抜け落ちてしまうこともあります。


骨が不足している部分にメンブレンをかぶせる

顎の骨が薄い、または無い部分をメンブレン(人工膜)で覆います。メンブレンは小さなネジで固定することもあります。

※この際に、製品化された人工骨の移植を併せて行うこともあります。


骨が再生されインプラントが安定

GBR法を行った後、患者様の状態により個人差はありますが、概ね4~6ヶ月で骨が再生されます。
このGBR法は、インプラントを埋め入れた際にメンブレンで覆い骨を造る方法と、事前にGBR法で顎の骨を造ってからインプラントを埋め入れる方法があります。

ページトップへ戻る

医科連携だから可能な感染リスクの低い骨再生療法

メディフュージ

GBR法を行う際には、骨造成を誘導するためのメンブレン(人工膜)が必要となります。
一般的には製品化された人工メンブレンを使用しますが、当クリニックでは、GBR法を受ける患者様の血液からつくるCGFメンブレンを基本的に使用しております。
CGFメンブレンは、再生医療機器メディフュージで血液を遠心分離することにより作ることができ、血小板や赤血球が分離し、それと同時に血液中の凝固因子が刺激されフィブリンゲルが形成されます。これをConcentrated Growth Factors (CGF)といい、傷の治りや骨の再生の促進が期待できることから、インプラント治療や歯周外科治療などで応用されています。自分自身の血液のみで形成されるため安全性が高く、また、添加物を使用せず形成できるため、感染のリスクを軽減できる特長があります。なお、当クリニックでは医科の診療も行っているため、施設内で採血を行うことができます。

PRP再生療法 CGF再生療法(新PRP再生療法)

ページトップへ戻る

初診予約受付
ご予約変更・キャンセル
無料メール相談
無料カウンセリング

東京・武蔵野市吉祥寺
インプラント専門HP

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
が入っているビルの5Fです

  • 審美歯科部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門