東京の歯科インプラント > 骨を増やすインプラント治療 > 歯槽堤分割術(スプリットクレスト)

歯槽堤分割術(スプリットクレスト)

スプリットクレストとは

インプラントを埋め入れられる深さ(高さ)の骨はあるが、骨の幅が(頬側~口蓋側にかけて、または頬~舌側にかけて)4mm以下の場合に行われる外科手術です。歯の周りにある顎の骨のことを歯槽骨(しそうこつ)と呼び、歯を失ってしまった歯槽骨は、痩せて(萎縮して)しまい、そのままの状態ではインプラントを埋められないことがあります。
そこで、インプラントを埋め入れるための前処置として、歯槽骨を分割してスペースを確保します。極めて薄い骨に施しますので、患者様自身の骨を必要以上に割ってしまわないように、精密な診断のもと慎重に行われます。診断力と技量、経験などが問われる処置ですが、当クリニックでは、このスプリットクレストを併用したインプラント治療を数多く成功させております。他の歯科医院で「骨が薄すぎてインプラント治療ができない」とお断りされた方は、ぜひ当クリニックにご相談ください。

ページトップへ戻る

従来のスプリットクレスト

スプリットクレスト

4mm未満に萎縮した(痩せた)顎の骨を、骨ノミで部分的に分割させ、様々な形状の骨ノミを使用し、徐々に骨幅を拡大していきます。

従来のスプリットクレストでは、骨ノミを金づち(ハンマー)で叩いて分割させていました。


インプラント埋入

骨ノミで一定の幅にまで広げることができたら、インプラントを埋め入れます。埋め入れた後は、インプラントを長期にわたって支えられるようにするため、顎の骨とインプラントの隙間に、移植材(自分自身の顎の骨や人工材料など)を補填して骨の再生を促します。補填した後は歯茎を縫い合わせます。

6ヶ月程度でインプラントの周囲に骨が作られ、噛む力に耐えうる土台ができあがります。

ページトップへ戻る

当クリニックのスプリットクレスト

従来の治療方法では、骨ノミをハンマー(金づち)で骨を分割していたため、患者様に音や振動が伝わってしまい、精神的に負担をかけてしまうものでした。当クリニックのスプリットクレストは、超音波振動で骨を削るピエゾサージェリーという機器を使用します。この機器を使うことで、音や振動を軽減しながら骨を分割することができ、また、神経や血管などの軟組織には反応しない特性をもつため、手技のミスによる医療事故を防ぐことが期待できます。

また、骨を分割後に顎の骨とインプラントの隙間に補填する移植材に関しては、主に患者様の血液からつくるCGFを使用しております。CGFは骨の再生の促進を期待することができるもので、再生医療機器メディフュージで血液を遠心分離することにより作ることができます。自分自身の血液のみで形成されるため安全性が高く、また、添加物を使用せず形成できるため、感染のリスクを軽減できる特長があります。なお、当クリニックでは医科の診療も行っているため、施設内で採血を行うことができます。

PRP再生療法 CGF再生療法(新PRP再生療法)

ページトップへ戻る

初診予約受付
ご予約変更・キャンセル
無料メール相談
無料カウンセリング

東京・武蔵野市吉祥寺
インプラント専門HP

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
が入っているビルの5Fです

  • 審美歯科部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門