東京の歯科インプラント > 骨を増やすインプラント治療 > サイナスリフト法(上顎洞底挙上術)

サイナスリフト法(上顎洞底挙上術)

サイナスリフト法(上顎洞底挙上術)とは

サイナスリフト法とは、上顎奥歯の骨が極めて薄く、上顎洞(上顎の奥歯の上にある骨の空洞)と近接している場合に行われる手術の一つです。上顎洞の位置(小鼻の位置)にあたる歯茎を切開し、骨を削って上顎洞を覆う粘膜を押し上げ、骨を作るスペースを確保します。そこに、移植材(例、自分自身の骨、人工材料、CGFなど)を入れて骨を作ります。主に、上顎の奥歯で、垂直的な骨がほとんど無い(5mmに満たない)場合に行われる治療法です。

※インプラントを埋め込む箇所の垂直的な骨の量が5mm以上ある場合には、ソケットリフト法(上顎洞挙上術)を用います。

従来のサイナスリフト法

これまでのサイナスリフト法では、歯茎の切り開く範囲が広いため、侵襲が大きく、また、上顎洞を覆う骨をノミや金づちを使って取りだすこともあるため、粘膜を傷つけてしまう恐れもありました。

新しいサイナスリフト法(ピエゾサージェリー併用法)

ピエゾサージェリー

新しいソケットリフト法では、超音波振動で骨だけを削り、粘膜や神経や血管などの軟組織には反応しない特性をもつピエゾサージェリーという医療機器を使用します。従来の治療法の問題点であった、大きな音や振動、また、上顎洞粘膜を傷つける恐れなどが解消され、精度の高い確かな治療が提供できるようになりました。手術時間においては、これまで15~30分かかっていたものが、約5分で行えるようになり、患者様への負担も大幅に軽減されました。

また、サイナスリフト法で骨を作るための移植材として、CGF(完全自己血液由来のフィブリンゲル)を用いています。
CGFとは、再生医療機器メディフュージで、患者様自身の血液を遠心分離することで、血液中の凝固因子が刺激されゲル状となったものです。骨を作りたいスペースにCGFを補填することで、骨の再生の促進を期待することができ、また、自分自身の血液から作られていますので感染のリスクを軽減することでできます。


PRP再生療法 CGF再生療法(新PRP再生療法)
超音波医療機器ピエゾサージェリーシステム

ページトップへ戻る

サイナスリフト法とソケットリフト法

サイナスリフト法は、上顎奥歯の骨が極めて薄く、上顎洞と近接しており、ソケットリフト法では骨を再生することが難しい場合に行われます。頬側の歯茎の上部を切り開く治療法ため、インプラントを埋め入れる穴から行うソケットリフト法に比べて外科手術の範囲が大きくなってしまいますが、広範囲に骨が無い場合でも施術可能となります。

ページトップへ戻る

サイナスリフト法の治療の流れ

上顎洞底部と歯槽骨の間の粘膜(シュナイダー膜)を持ち上げて隙間

頬側の上部(小鼻くらいの位置)にあたる歯茎を切り開き、ピエゾサージェリーにて上顎洞を覆う骨を取り除き、その骨の内側にあるシュナイダー膜を持ち上げて、骨を作るスペースを確保します。


隙間にCGF(完全自己血液由来のフィブリンゲル)と骨補填材とインプラントを埋入

シュナイダー膜を持ち上げて確保したスペースに、CGF(完全自己血液由来のフィブリンゲル)と骨補填材などの移植材とインプラントを埋め入れます。

※骨の状態によっては、サイナスリフト法で骨を作ってから、後日インプラントを埋め入れる手術を行うこともあります。


平たくつぶしたCGF(完全自己血液由来のフィブリンゲル)メンブレンを人工のメンブレンの代わりに被せて縫合

上顎洞を覆っていた骨を戻し、CGFを平たくつぶして、それをメンブレン代わりに置き、歯茎を縫い合わせます。
※一般的には製品化された人工メンブレンをおきますが、当クリニックではCGFメンブレンをおき、傷の治りを早めることや、感染のリスクを軽減することを期待しています。

ページトップへ戻る

初診予約受付
ご予約変更・キャンセル
無料メール相談
無料カウンセリング

東京・武蔵野市吉祥寺
インプラント専門HP

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
が入っているビルの5Fです

  • 審美歯科部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門