東京の歯科インプラント > インプラント治療について > インプラント治療の連携

インプラント治療の連携

医療チーム一丸となって行うインプラント治療

医療チーム

医科(内科)……健康状態、骨再生療法

健康状態に不安のある方でもご相談ください。高血圧や糖尿病などの全身疾患をお持ちの方に対しては、内科の医師が健康状態などを判断しますので、不安なくインプラント治療を受けて頂けます。
また、自分自身の血液を利用して骨を 増やす治療においては、治療に必要な血小板濃縮フィブリンゲルは、内科の医師や歯科医師がお作りしております。インプラント治療において医科との連携をとり治療を進めることを重視しております。

一般歯科……虫歯治療、歯周病治療

インプラント治療を成功させるためには、お口の細菌数を減らすことや全体のバランスを整えることも重要で、インプラント治療箇所だけでなく、その他の虫歯や歯周病の治療や、噛み合わせの調整なども行います。お口の状態によって、インプラント治療前に行う場合と、インプラント治療と同時に行う場合があります。
インプラント治療において一般歯科との連携をとり治療を進めることを重視しております。

矯正歯科……スペースの確保、審美性

歯が抜けたままで放置していると歯並びや噛み合わせが乱れてしまいます。そのままの状態でインプラントを埋め入れてしまうと、インプラントが早期に抜け落ちたり、見た目や機能性に支障がでたりすることがあります。このような問題を防ぐために、当クリニックでは矯正歯科の担当医が部分矯正治療などで十分なスペースを確保してからインプラント治療を開始しますので、長期的にしっかりと噛むことができ、見た目にも美しいお口を作り出すことが可能となります。
インプラント治療において矯正歯科との連携をとり治療を進めることを重視しております。

常駐歯科技工士……スピードインプラント、審美性

インプラントに取り付ける人工歯(セラミック)を作製するにあたり、当クリニックでは歯科医師と歯科技工士が連携し、直接患者様の特徴(歯の色や形態・噛み合わせ・肌の色とのバランス・顔の形や唇の形とのバランス)のチェックを行い、オーダーメイドの歯を作製していきます。
また、スピードインプラント治療においては、歯科医師がインプラントを埋入し終えたと同時に、駐在している歯科技工士が仮歯の作製にとりかかるため、インプラント手術の日に人工の歯を装着することが可能です。
インプラント治療において歯科技工士との連携をとり治療を進めることを重視しております。

院内技工の利点(インプラント治療)

ページトップへ戻る

初診予約受付
ご予約変更・キャンセル
無料メール相談
無料カウンセリング

東京・武蔵野市吉祥寺
インプラント専門HP

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
が入っているビルの5Fです

  • 審美歯科部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門